理化学機器・実験器具・教材教具の通信販売
 理化学ショップは理化学機器・実験器具・教材教具の通信販売をおこなっております。只今、会員大募集キャンペーン中!! ログイン | ログアウト |
出嶋教材社メインヘッダー
HOME 会社概要 利用案内 会員登録・修正 買い物かご 注文照会 全商品 掲示板
 
  ←検索

商品一覧
商品カテゴリー
在庫処分【お買い得】
50音順
消耗品・素材
ビーカー
フラスコ
メスシリンダー・液量計
試験管
ビデオソフト
実験用気体ボンベ
光の反射屈折実験
ガラス棒、ガラス管
ビデオ・パソコン教材
試験紙
ロート
アスピレーター
ゴム栓
リード線
リービッヒ
乳鉢
模型
ピペット
面白実験セット
化学
エネルギー・環境
成美堂出版
五十音順
その他
最近チェックした商品の履歴
50音で探す場合に押してください。
コミュニティ
  • よくあるご質問
  • アンケート
  •  
    サポートセンター
    お問い合わせ
    LINK
    [OWNER]
     
     
    2020年 09月
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30    
    今日
    2020年 10月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    【そ】双眼鏡 -アリーナM8X23-

    商品名 : 【そ】双眼鏡 -アリーナM8X23-

    定価 : 13,650

    価格 : 13,000円(税込)

    数量 :


    ショッピングカートに入れる

     
      商品によってはオプションの選択によって価格がリアルタイムに変動する商品もございますのでご注意ください。  
     
    双眼鏡
    アリーナM8X23 双眼鏡

    ●ボディー全体に曲面を使ったデザインが美しい双眼鏡です。
    ●255gと非常に軽くコンパクト。携帯に便利です。

    倍率
    対物レンズ 23mm
    実視界 6.5°
    高さ× 幅 100×104mm
    重さ 255g
    付属品 ソフトケース、ストラップ

    ------------辞典---------------------

    双眼鏡
    (そうがんきょう)とは、 望遠鏡 の一種で、二つの鏡胴 (対物レンズと接眼レンズを連結して保持し、レンズ以外からの光線の入射を防ぐ筒) を平行にならべ遠方のものを両眼で拡大して見る 光学器械である。

    双眼鏡の種類

     双眼鏡にはその構造によっていくつかの種類に分かれる。

    レンズ・プリズムの構成

    • ガリレオ式 対物レンズに 凸レンズ 、接眼レンズに 凹レンズ を使用した双眼鏡である。2枚のレンズだけで構成されることが多い。軽く作れるが、倍率はあまり高くできない。玩具や安価なオペラグラスに使われる。
    • ポロプリズム式 対物・対眼レンズとも凸レンズを使用する。そのままだと倒立像になるので2個または3個の直角 プリズム で反転させて正立像を得る。もっともよく使われている。ダハプリズム式より重く嵩張るが、対物レンズが大きい分、明るい。スタジアムで売られるような安価な製品には、プリズムを一対の鏡で代用したものがある。
    • ダハプリズム式 対物・対眼レンズとも凸レンズを使用する。像を2つのルーフ(屋根型)プリズムで反転させるものである。プリズムを山型にして、左右をそれぞれの面で反射させる。プリズム部分が嵩張らないので全体がコンパクトに仕上がるが、大口径の対物レンズは使えないことと、比較的高価になるという欠点がある。

    双眼鏡の性能

    対物レンズ有効径とは、 対物レンズ の径のうち固定リングなどに遮られない径をいい、双眼鏡の性能を決定する最も重要な要素である。倍率と対物レンズ有効径とは、日本製の双眼鏡では右側の鏡胴のプリズム部分に7x35などと表示されていることが多い。 対物レンズ有効径を倍率で割ると 射出ひとみ径 が得られる。射出ひとみとは双眼鏡を眼から離し対物レンズを明るい方に向けたとき 接眼レンズ に写る明るい円をいう。射出瞳径は双眼鏡の明るさの指標となる。人間の ひとみ 径は昼間の明るい場所で2mmほど、暗夜で7-8mmとなるので夜間用ないし 天体観測 用の双眼鏡には射出ひとみ径が7mm程度のものが要求される。通常の野外用のものなら5mm前後が普通。視野の広さもまた重要で、視野角あるいは1,000m視界(1,000m先の視界の幅)が単位として使われる。視野が広いと観察の対象を見つけだすのが容易である。

    雑誌や新聞の広告にあるような、素人向けに高倍率を特にアピールした双眼鏡では、ひとみ径が小さく視野角が狭く、さらに手ぶれも大きくなるので実際にはとても使いにくい。

    使い方
    眼幅の調整

    玩具や防振型、固定架台上の大型双眼鏡を除き、ほとんどの双眼鏡は中心軸(左右の鏡胴の中間にあり、双方を連結しているピン)のところで 蝶番 のように全体を折り曲げることで眼幅(左右瞳孔の間隔)に接眼レンズの光軸の間隔を合わせるようになっている。一度正しく調整した後は中心軸の接眼側にある目盛によって眼幅を知り、次回からすぐに合わせることができる。

    焦点距離の調整(ピント合わせ)

    多くの双眼鏡ではセンターフォーカス(CF)方式といい、中心軸にあるリングで両方の鏡胴の焦点を同時に変更できるようになっているが、防水型では左右両方に調整リングがあり、それぞれ独立に調整するようになっている(独立調整(IF)方式)。動物とくに野鳥の観察には、すばやく焦点距離の調節が出来るCF方式が便利だが、防水式の主な用途である海上及び軍用では焦点の素早い調節はあまり必要でないため、左右独立式でも大きな不便はない。同様に天体観測用の大型双眼鏡もIF方式が多い。

    視度の調整

    左右の眼の視力に差がある場合、両目ともにピントの合った像を得るためには左右の鏡胴の焦点距離に差を付ける必要がある。中央の調整リングで左右の焦点距離を同時に調整するタイプでは、片方の接眼レンズの近くにあるダイヤルで視度の調整を行う。一度調節すれば以後行う必要はないが、眼幅と同様、目盛を憶えておけばよい。左右独立に調整するタイプではもちろん毎回どちらかの調整リングで行う。

    持ち方

    陸上では両手の指を全て(親指は下に)鏡胴にまわし、軽く掴むように持つのが普通だが、 漁船 など小型船舶では船の揺れに抗して対象を視野の中央に保つため、指をほとんどあるいは完全に開いて、両手の指の付け根あたりで鏡胴を左右から挟んで保持する方法も場合によっては使われる。

    ユーザー評価

    名前 :

    評点 :

    内容 :
    入力された顧客評価がありません
     

    Copyright © 理化学ショップドットコム All Rights Reserved. 06-6909-9141
    商号 : 出嶋教材社   代表 : 出嶋裕史
    個人情報保護ポリシー 個人情報担当者 : [PRIVERCY]   特定商取引に関する法律に基づく表示
    事務所の所在地 : 大阪府守口市八雲東町2-7-5